下宿の種類はいくつかある

下宿といえば昔ながらの大家さんの家を間借りして生活するのをイメージする人が多いです。
昔ながらのこういった下宿もまだありますが、最近では種類が増えています。

最近では種類が増えたことであえて下宿を選んでいる学生も多いです。
下宿の種類を知ると今まで下宿が難しい、向いていないと思っていた人でも生活できるタイプのものを見つけることができることもありますから、ここでは下宿の種類を紹介していきます。

下宿にはどういったものがあるのか

2階への階段

昔ながらの下宿は数は減っていますが今でもあります。
玄関が大家さんの家族と共用で個人スペースとして部屋を1部屋ずつ借りるタイプの下宿は下宿屋といわれるものです。

このタイプの下宿ではお風呂や台所、トイレは下宿生だけでなく大家さんの家族とも共用になります。
下宿生以外にも大家さんの家族も生活しているということで生活音への配慮も必要ですし帰宅時間も配慮が必要です。

このように聞くとデメリットばかりのようですが、メリットももちろんあります。
共同生活なので一人になる時間が少なく寂しくなったりホームシックになったりすることが少ないです。

また、下宿によっては大家さんが食事を用意してくれることもあります。
他の人と生活をしていることで困った時にも助け合うことができとても心強いです。
かなりリーズナブルに生活できてなおかつ食事がつくこともあるので今でも下宿先として選ぶ人がいます。

最近の下宿としては学生会館や学生寮が主流です。
こういった施設は下宿のように個人の部屋がありながらお風呂やトイレは共用となっています。
食事も朝と夕食は用意されており、管理人さんが常駐していることも多いのでセキュリティ面でも安心です。

このような学生会館や寮の中にはお風呂やトイレもそれぞれの部屋に完備されているところもあります。
従来の下宿よりは割高ですが一人暮らしと下宿の良いとこ取りということでとても人気です。