下宿はどのくらいお金がかかるのかは早めに知るべき

下宿をするにあたって避けては通れないのが費用について。
家賃と生活費が基本となりますが、その費用があまりにもかかることになると、家族に負担をかけることになってしまいます。
生活を始める前に、ある程度毎月どのくらいかかるのか相場を知っておくと、家族もマネープランが立てやすいですし、下宿する本人も意識してお金が使えるようになるので、必ず事前に知っておくべきです。

また、下宿先の種類によっても下宿にかかる費用は違いますので、予算や生活水準などを踏まえて下宿先を選ぶことが大切です。

下宿にかかる費用

お金

下宿をしている人たちの生活費の平均は約12万円です。
これは生活している場所も様々なので下宿先の種類によってはこれ以上かかることもあります。

下宿にかかる費用ですがすべてを仕送りで賄っている人もいればアルバイトをして捻出して言う人もおり、様々です。
大学の授業によってはアルバイトの時間が作れないという人もいるため、そういった人は仕送りで対応できない分は奨学金を利用しているケースもあります。

奨学金というと、大学卒業後に返還義務があるというのが一般的ですが、中には返還不要の奨学金も存在します。
返還不要の奨学金って? – かしこく利用する!奨学金ガイド|進路ナビ

一般的な奨学金とは異なり、返さなくてもいい分採用の時の条件が厳しめに設定されている場合が多いので、希望する場合は早めに情報を集めておきましょう。

多くの人が下宿を始めた当初はなにかとお金が必要になりやすく、仕送り出は不足するために貯金を切り崩したり仕送り以外におこづかいをお願いしたりすることもあり、そういった状況になることも想定して早めからお金は準備しておくことが望ましいです。

生活する場所によっても、毎月かかる費用は違います。
例えば、東京都内は比較的家賃も高めな地域が多いので、隣接する神奈川県や千葉県、埼玉県で下宿をする学生も多いです。

下宿以外にも、学生会館や寮といったところであれば、一人暮らしに近い生活でありながら食事が提供されるので、毎月の使用料は高くてもトータルの生活費は抑えられることもあるので検討してみましょう。
特に食費は、毎月の生活費を圧迫することが多いので、食事が提供される下宿や寮を選ぶと毎月の生活費が抑えやすいですよ。