住めば友達もたくさんできる?

下宿は友達ができるのか

下宿をする際、集団生活ということで友達ができるかどうかに不安を感じている人も多いです。
特に今まで生活している先輩とうまくやれるか、環境になじめるかは下宿先での生活が楽しいものになるかどうかを大きく左右します。

生活を始めて人間関係がうまくいかないようなことになると下宿先にいたくない気持ちも出てきてしまうものです。
そういったことの不安から下宿をすることを避けてしまう人もいます。

下宿は楽しい

人によっては下宿先になじめなくて悩んでしまったり、人間関係で苦労したりすることもあるものです。
しかし、そういったことはめったにないことであり、多くの人は下宿をしてよかったと感じています。

友達

下宿をすることで人間関係が広がりますし、特に先輩は下宿生活の先輩でもあるために新人に対しては寛大です。
多くの下宿先では歓迎会も用意されています。
歓迎会では皆で交流をすることができますから同級生や先輩とも打ち解けやすいです。

また、毎日の食事や洗濯などの共有スペースでも一緒になる場面も多くあります。
やはり毎日一緒に住んでいれば会話をすることもありますから自然と打ち解けられますし中には共通の趣味を持っている人や話が合う人もおり、そういった人がいれば仲良くなれる人も出てくるものです。

親しき中にも礼儀あり

生活を始めてなじめない、友達ができないという人は自分から声をかけていないという場合があります。
同級生には特に積極的に声をかけて見ると友達はできるものです。

住んでいる人たちもある程度大人ですからいじめられるようなことはないのですが、どうしても馴染めない、友達ができない、無視をされているような気がする、と感じる人もいます。
そういった人はマナーが悪かったり生活態度に問題があったりと他の人たちがそういった態度をとっていることも理由の一つとしてあることが多いです。

やはり共同生活ですから皆が気持ちよく過ごせる環境をつくれるように皆が心掛ける必要があります。
もしも友達ができない、うまくいかないという人は自分の生活態度を見直してみると改善できることもあるのです。