下宿探しはいつ頃から始めればよい?

下宿先を探す時期

スケジュール

大学に合格して入学式までは意外とあっという間です。
特に一人暮らしをしなければならないような遠方から一出てくる場合には一人暮らしの準備もしなければなりません。
そうすると下宿先を探したり引っ越しの手配をしたりとやることも多くかなりハードです。

その中でも特に下宿先探しは大変ですし時期も考える必要があります。
地方から出てきて探すとなると滞在費用もかかりますからできるだけ短期間で確実に決めることが大切です。
そこでどのような時期に探すと良い物件が見つけられるのか、そして確実に見つけられるのかを紹介していきます。

下宿先を探すのはできるだけ早く

下宿先を探す時期は大学に合格して進学することが決まったらできるだけ早くにすることが望ましいです。
そして下宿先を決めるのは一人で決めるのではなく保護者とかならず物件見学や説明を受けて決めるようにします。

大学の合格シーズンが来て入学先が決まると皆一斉に物件探しをするため良い物件はすぐに埋まりますし不動産会社の来訪者も多いです。
そのため早めに行かないと良い物件が見つけられなかったり不動産会社の案内が受けられなかったりすることになります。
ですから少しでも早く物件探しをして契約をすることが望ましいのです。

桜

中には推薦入試で進学先を決める人もいます。
そういった人は推薦入試の合格が決まり次第物件探しをすることができるので理想の物件に入居がしやすいです。

推薦入試であれば12月には物件探しができるので一般入試の人たちよりも選択肢が豊富ですし不動産屋からも手厚く物件案内をしてもらえます。
そのためほかの人たちが動き始める時期まで待つのではなくすぐに行動して歩権を見るようにしましょう。

国公立大学の合否発表はかなり遅く3月に入ってですし後期試験の場合には3月下旬です。
そのため合格が決まってから物件探し、引っ越し準備をするとなるとかなりハードになります。
そこで合格発表が出たらその翌日には物件探しをするつもりでいるほうがその後の行動に余裕が出て理想的です。