セキュリティ面は安全?

大学生の下宿でのセキュリティの問題

女性

大学生が自宅を出て下宿を数となると多くの人が心配するのがセキュリティの問題です。
最近では性犯罪やストーカー被害、残酷な事件など起こっておい多くの人が子供が自立する際生活環境を気にします。
特に大学生は夜遅くに帰ってくることも多いですから心配な要素も強いです。

そこで、大学生が下宿をするとなると多くの人がセキュリティの環境が良い物件を探したいと考えます。
とはいえ具体的にどういった物件が良いかがわからないという人も多いです。
そこでここではセキュリティ面として気にするべきことを紹介して言います。

防犯上の問題

一人暮らし向けの物件でも最近ではオートロックになっている物件も出てきていますし、防犯対策の整ったカギを使っている物件、管理人が常駐するシステムができている物件も増えています。
そのため少しでも安心して生活することのできる物件としてこういったシステムが整っている物件の方が安心です。

参照記事:4年間充実した生活を送るために。学生向けアパートの選び方

ドア

もちろん、こういったセキュリティシステムがつけばその分家賃や管理費は高くなります。
しかし、命はお金で買えないですから安心のためにもできればこういった環境が整っている物件を選ぶことが望ましいです。

学生寮を選ぶ

学生寮というと昔からある古い建物をイメージする人も多いですが、最近の学生寮は一人暮らし物件と同じような環境になっているところも増えています。
そして、学生寮であれば入居者がすべて大学生であること、管理人が配置されていたり、外部からの侵入者を防ぐためのシステムが配置されていたりと一般的な建物よりも安心できる要素が強いです。

そこで、最近では一人暮らしではなく学生寮を選ぶという人も増えています。
大学の運営しているものだけでなく偉業が運営しているものもあるので選択肢も多いです。
こういった物件の中には女性専用物件もありそういった物件を選ぶ人もいます。

周辺環境

生活する環境もやはり大切です。
暗い道や人通りの少ない道を歩くのは危険ですし、そういった道の周辺にある物件は狙われやすくもあります。
そこで夜も明るい道や人通り、車の通りの合う場所を選んだ方が安心です。

セキュリティシステムが整っていることも安心ですが周辺環境も大切です。
特に毎日歩いている中で事件に巻き込まれないためにもできれば明るい道、人通りのある道を通って生活できたり、家の近くまでバスや電車があり徒歩の時間が少ないところを選んだりする方が安心できます。